年金は保険の一種

年金というと、老後の生活費を確保するためのものだと考えられていますが、これも保険の一種です。
正確には年金保険と呼びますが、年金と略されることが多いですから、別物と考えられているようです。


年金というと、国民年金や厚生年金などの公的年金をイメージする人も多いでしょう。

なぜかというと、これは日本にはこのような制度があるからです。

話題の新バイナリーオプションの知識を増やしてみませんか。

個的な年金がこれほど充実しているのは日本の特徴だとも考えられます。

相互扶助というのが保険の概念なのですが、今の日本の年金を考えれば同じように考えることができないわけではありません。



多くの人が料金を支払って、そして一部の人にそれが支払われるということになっているわけです。


ただ、支払うのは若年層で、受け取るのが高齢層ということを考えれば、少子高齢化が進む日本では運営ができなくなるということが懸念されています。公的年金だけでは将来が不安だという人が株式や債券などで資産運用することも多いのですが、これにはリスクがあると考える人も多くいます。



このような人のために適したものが個人年金というものです。

民間の企業が運営している年金だともいえるでしょう。


保険を運営している民間の企業は、公的年金と同じように年金のサービスを提供しています。積み立てていった資金を市場で運用するというのがその報酬で、解約をすれば解約返戻金を受け取ることができるようになっています。

将来が不安だという人の多くが加入しているのです。