日帰りでスキーを楽しむ際にもって行くと便利なもの

最近では、土曜日や日曜日など会社の休みを利用して、日帰りでスキーに出かけられる方が多くいます。

スキーを滑ることは日頃のストレス解消になりますし、何よりもゲレンデでしか味わえない爽快感を感じることができます。そこで、ここではスキーを日帰りで楽しむ際にあったほうが便利なグッズをお教えします。


まずは、サングラスホルダーです。


そもそもゲレンデは、雪の反射などで紫外線がとても強いです。

目に直接入り込んでくるので、目を防御するためのサングラスが必須です。ただ、サングラスは滑っている時の衝撃で外れることが多々あります。
日帰りのスキーで、お気に入りのサングラスをなくすことはとても悲しいことです。そういう時に、サングラスホルダーがあれば、体から離れないように固定できるので便利です。



大事なサングラスを紛失しないように、ぜひサングラスホルダーを使いましょう。

また、キャップキーパーも便利です。これも同じく紛失防止グッズです。



こちらは、帽子とジャケットをつなげるグッズです。滑走中に帽子が脱げても紛失を防げます。


最後に、ネックウォーマーもとても便利です。スキー場は周りが雪で囲まれているので、とても寒いです。


多くの方は、ニット帽やフェイスマスクで防寒対策をしますが、意外と忘れがちなのが首の防寒です。
ネックウォーマーは、首を温めるのに最適なグッズです。


筒型になっているので、滑っている時でも絶対にほどけません。そして、首周りが煩わしくなく、邪魔にもなりにくいです。

上記を参考に大いに楽しんでください。