エコカラットの特徴とは

近年、リフォームで人気があるのがエコカラットです。

インテリア用の壁材で、調湿機能と脱臭機能をもった室内用のタイルです。

エコカラットの調湿は、珪藻土の6倍、調湿壁紙の30倍もあり、梅雨の独特のじめっとした感じや、窓の結露、湿気がこもりがちな脱衣室に使うことで湿気を吸着するので、じめっとした感じが軽減されます。
部屋干しをよくする場合にも向いていますし、部屋が乾燥したときには取りこんだ水分を放出して湿度を快適に保つ機能もあります。

中には結露を無くすために貼る人もいますが、これも施工面積などによって完全に無くなるとはいえません。


結露が軽減される可能性はありますが、どの程度なくなるかは家の状態によって違います。

東京のエコカラットの情報が必要な方必見です。

完全になくす場合は、2重サッシにしたり、室内の換気や入浴後はドアを閉めて換気するなど改善する工夫も必要です。

エコカラットには、脱臭機能もあります。

たばこの臭いやペットの臭い、トイレのアンモニア臭などを吸着して、嫌な臭いを少なくします。



ペットを飼っている場合は、かなりよい機能です。喫煙室に貼ると臭いが軽減されますが、常に一日中吸っている場合だと、完全に臭いが消えるわけでもなく、やはり吸湿機能と同じで軽くなるだけです。

この場合も、やはり換気をよくしたり、なるべく煙草を吸う量を減らしたりと工夫が必要です。

Girls Channelの情報ならこちらで掲載されています。

あくまで、壁に貼るタイルなので、機能があるからといって完璧に湿気や臭いが取れるというものでもありません。